東京の葬儀方法:樹木葬

大切な方との別れを告げる葬儀では、親族は悲しみにくれることとなりますが、その後にどのようにお墓に入るのかということは、親族は亡くなられた方の望んでいた方法をとることで、心の安らぎを得ることができるでしょう。そうした亡くなられた方の生前の意向のなかでも樹木葬というやり方は、自然へと身体が帰ることを望む気持ちが表現される一つのあり方です。樹木葬とは、墓石の代わりに樹木を植えることで、亡くなられた方の身体が安置されている場所の目印とするものです。樹木は墓石とは違い、命ある生命ですから、年を経るごとに成長し、枝を伸ばし葉を広げる姿を見ることができます。そうした葬儀が行われるのは、亡くなられた方が生前に、自分の死後の身体をどのようにしたいかという意向に沿って行われることが多いです。この葬儀が行われる場所は、公的な許可を得た墓地や埋葬が可能な場所において、遺骨を埋葬して行います。その際に、遺骨を埋葬した場所の近くにすでに生えている樹木を、故人を偲ぶ目印とすることもあれば、遺骨を埋葬した場所に苗木を植える場合もあります。用いられる樹木の種類は、一般的にはあまり高く大きな木となることのない種類が用いられています。一例としては、サルスベリやエゾアジサイ、ハナミズキなどが植えられています。植物は、季節の移ろいによって様々な表情を見せるので、東京で行われる葬儀でも、いつまでも故人を大切に想い続ける気持ちを持つことができます。

カテゴリー: 葬儀 | コメントする

東京の葬儀方法:散骨

亡くなった方が、どのような葬儀のあり方を生前に望んでいたかと言うことは、どのように葬儀を行うのかと言うことに大きく関わります。自分で生きてきた人生ですから、最後まで自分のあり方を決めることができると言う考え方が浸透しているからです。ですから、生前に散骨を望んだ方ならば、その望みを叶えると言うことが、残された親族にできることではないでしょうか。大切な方をなくした悲しみにくれる気持ちを動かすためにも、故人の希望というものは、原動力となります。葬儀の際にも今後のあり方のイメージがつきやすくなるということも考えられます。なぜならば、散骨を臨むということは、身体が自然へとかえっていくことを良しとする考えに基づいているからです。生き物が生まれてから死んで行くということは、大きな自然の流れの活動として、極めて自然なことであり、世界の理でもあります。そうした大きな理に従ったあり方を自らの死に望んだ故人の葬儀ですから、死というものをただ悲しみをもたらすものとして捉えるのではなく、もちろん大切な人を失ったという悲しみを抱えるとしても、自然なことなのだという考えを、頭の隅に置いておくことができるでしょう。東京で行われる葬儀には、様々なやり方があり、また出席者の数によっても、葬儀事態の雰囲気は様々ですが、故人を思うという気持ちが葬式の要であるということに変わりはありません。ですから、最後の時間を大切にするということが重要です。

カテゴリー: 葬儀 | コメントする

東京の葬儀方法:自然葬

葬儀を執り行った後は、もちろん火葬をし、遺骨となります。
その後、従来通りの考えでいえば、墓石のある下へ、骨壷へ入れて埋葬します。
ただ、最近は自然葬とゆう弔いもあります。
故人の遺志にもよりますが、例えば「海に帰りたい」「山に帰りたい」「自然に帰りたい」などとゆう事があれば、そのような自然へ帰すような方法もあるのです。
ただし、いずれの方法も、残すものではないので、由緒正しい名家などでは絶対に出来ないことだと思います。
盛大な、たくさんの人が訪れるような葬儀を執り行うような、家柄であれば、代々のお墓があるはずなので、そこへ眠るでしょう。
しかし、東京なんかではどうでしょうか?
家族だけで葬儀が出来ればいい、といった考えの方々も、昔よりは多くなってきていると思います。
その上で、故人の遺志が自然に帰りたいといったものであれば、自然葬もいいのではないでしょうか?
東京でするとしたら「樹木葬」がベターでしょう。海が近くないですからね。
自然に帰る、といった雰囲気でしょうか。
東京に現在あるものは都市型の樹木葬がメインで、合葬となり、遺骨も一人一人に樹木を植えるのではなく、シンボルツリーなどの目印となる樹木の周りに埋葬するものです。
小平の霊園に、こういった埋葬を出来るところがあり、都営なので費用も格段に抑えられます。
しかし、合同で埋葬するわけですから、遺骨の取りだしは出来なくなります。
一人一人に植樹をする個別葬も区画によってはしていますが、永年を通しては樹木を残さず、30年したら、自然に帰します。

自然回帰の思いなのか、それとも、先々の代を考え、一族のお墓を残したいのか、人それぞれだと思いますが、考え方・また土地問題、色々と現実は変わっていきますね。

カテゴリー: 葬儀 | コメントする